iTunesカードのお得な使い方– ブログ記事まとめ –

iTunesカードとは?

わたしたちがiTunesカードと呼んでいるカードの正式名称は「App Store & iTunes ギフトカード」です。以前はiTunesカードという名前だったため、今もその名称が定着していますね。

iTunesカードは、あらかじめ決められた金額が入っているプリペイドカードです。購入後、Xからはじまる16桁のコードを自分のApple ID(アカウント)に反映することで使えるようになります。

アプリやゲーム・サブスクリプションなどの支払いに使えますよ。普段からこれらのサービスを使っているなら、iTunesカードがあれば節約につながりますね。

iTunesカード

ちなみに、お店で買えるiTunesカードの種類と値段は、以下の通り。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円

この中から、好きな金額のカードを選んでチャージしましょう。

iTunesカードに有効期限はありません

iTunesカードを手にしたとき、いつからいつまでに使えばいいのかが気になるかと思います。

そんなiTunesカードですが、有効期限はありません。いつでも好きなときに使えますよ。

ただ、しばらく使わずに放置しておくと、iTunesカードの存在自体を忘れてしまう可能性があるため、手に入れたら早めに使うことをおすすめします。

iTunesカードの基本的な使い方は?

iTunesカードは、iPhoneやMacなどのApple製品を使っている人向けで、幅が狭そうに思うかもしれませんが、意外と使えるところは多いですよ。

以下でiTunesカードの使い方の例を紹介していきますね。

まずはアカウントにチャージ

まずはiTunesカードをAppleのアカウントにチャージしておきましょう。これをやらないと話が始まりません。

以下のページでiTunesカードの使い方を詳しくまとめていますよ。

iTunesカードのお得な使い道

iTunesカード

iTunesカードは、主に以下のような使い方ができますよ。

  • App Storeでアプリを購入する
  • iTunes Storeで音楽や映画をレンタル・購入する
  • アプリ内課金する

ほかにも、いくつか使い道があるので自分の好きなものに使えます。

たとえiTunesカードを安く購入できても、ムダづかいしてしまったら意味がありません。
本当に必要なものに使うからこそ、iTunesカードを安く手に入れることに意味があります。

個人的におすすめするiTunesカードの使い方の例は、以下の通り。

  • LINEスタンプを買う
  • iTunesカードをプレゼントする
  • iBooks Storeで電子書籍を買う

ここからは、それぞれの方法ごとにお得な使い方を見ていきましょう。

iTunesカードでLINEスタンプを買う

LINEスタンプショップ

iTunesカードってアプリや音楽を購入することに使えるイメージがありますが、実はLINEのサービスに利用することもできます。

スマホにiTunesカードで残高を追加し、その残高でLINEコインなどを購入して使う流れになりますよ。

LINEだけでもスタンプ・着せかえ・音楽・マンガといろいろ使い道があるので、使い方を覚えておくと便利です。

ちなみに、自分用のLINEスタンプは買えても、LINEスタンプをプレゼントすることはできないので注意してくださいね。

iTunesカードをプレゼントする

iTunesギフトコード バッグに追加

iTunesカードは、ギフトとして利用することもできます。
メールでiTunesコードを送ることができるので、遠方に住んでいる友人や家族にもプレゼントできますよ。

好きな金額が選べるバリアブルiTunesカードを使って、記念日などの数字合わせで贈るのも素敵ですね。

iBooks storeで電子書籍を買う

Appleが提供するiBooks storeでは、マンガや小説などの電子書籍が買えますよ。
もちろん、iTunesカードを使って支払いをすることができます。

新刊や人気作品なども揃っているので、手軽に読書を楽しみたいときにぴったり。

電子書籍なら荷物も増えることなく、いつでも好きな時に読めるので魅力的です。

ゲームの購入に使える

iTunesカードでチャージした分は、App Storeからアプリを購入するときに使えます。

そのため、アプリでのゲーム購入にも使えますよ。スマホでゲームをするときに手軽に買いやすくなりますね。

以下のようなゲームも、iTunesカードがあればお金を使わず買えます。

iTunesカードでゲームが買える

音楽のダウンロードやサブスクリプションに使える

私はiTunesカードをApple Musicの支払いに充てています。Apple Musicのように毎月支払いが発生するサブスクリプションにもiTunesカードが使えるのはうれしいですね。

音楽を単品購入するときにもiTunesカードが使えます。

iTunesカードを実際に使ってみた記録

私はiPhoneを使っているので、iTunesカードもよく利用します。
iTunesカードの使い道として一番利用しているのは、アプリの購入ですね。

▼今回、写真編集アプリの「This」を買ってみました。

iTunesでアプリ購入

▼アプリ購入画面。簡単に買えてしまいます。

iTunesでアプリ購入画面

▼実際に購入したアプリで、写真に文字入れをしてみました。食べ物や小物系との相性が良さそう。

iTunesで買ったThis使用例

簡単に文字入れができるアプリなので、仕事にも活用できそうです。
ちなみに、アプリは120円で買えましたよ。

1,500円分のiTunesカードから支払ったので、まだ1,380円残っています。
残高を何に使おうかと考えてワクワクしちゃいますね。

iTunesカードの使い方がよくわかるブログ記事まとめ

ギフトカードが使えるお店を探そう