UCギフトカードの購入方法・安く買うやり方まとめ

自分のために使う、プレゼントにする、などの用途でUCギフトカードが欲しいときがあると思います。

そのときにどうやってUCギフトカードを買えばいいのか、慣れないとわからないのではないでしょうか。

そこでこのページでは、UCギフトカードの購入方法や額面よりも安く買う方法を紹介していきますね。

目次

UCギフトカードが購入できる場所

UCギフトカード

UCギフトカードを欲しいと思った時に、どこで買えばいいのかが分からないですよね。

日本各地で購入することができます。
どこで買えるかは、公式サイトを見れば載っていますよ。

都道府県・市区町村別に探せるのが便利です。

代表的な購入場所は以下のお店になります。

  • ちけっとぽーと
  • ヤマダ電機
  • ベスト電器
  • 大黒天宝くじ
  • ヤマナカ

ちなみに私は神戸の「ちけっとぽーと三宮店」で普通に1,000円のUCギフトカードを1枚購入しました。

あと、公式サイトからでも購入できますよ。
ただ、送料が408円かかりますので、節約することを考えるとおすすめではありません。

公式サイトから買う場合はギフト用で考えるのが良さそうです。
その場合は、UCカードもしくは銀行振込での購入になります。

銀行振込する場合は、振込手数料を払わないようにして、少しでも負担を減らしましょう。

UCギフトカードを安く手に入れる方法

UCギフトカードを普通に買うだけでは節約になりませんよね。

ここからは、UCギフトカードを定価よりも安く手に入れる方法をいくつか紹介していきます。

安く買えた分だけ節約になるので、使えるお店での買い物はすべて安くなるのと同じですよ。

金券ショップで買う

UCギフトカードを安く手に入れたいなら、金券ショップは要チェックです。

金券ショップでは確実に安くなったUCギフトカードが売っていますからね。

1,000円のUCギフトカードが985円前後で買えるので、1.5%前後お得になる計算です。

普通の買い物を1.5%節約するのはなかなかできないことなので、金券ショップで売っていれば、手に入れておきたいですね。

ヤフオクで購入する

そもそもチケットショップに行くのが面倒に感じるのであれば、ヤフオク!を使って手に入れましょう。

ネットで探せるので、場所は問いません。

その代わり、競争が激しくなるので、安く買えないのであれば、無理して買わないように気をつけましょう。

UCブランドのクレジットカードで買い物する

UCギフトカードは、一部のお店であれば、UCブランドのクレジットカードを使って購入することができます。

還元率の高いUCブランドのクレジットカードを持っていれば、それだけお得になりますよね。

ただ、クレジットカードで購入できるお店は限られていますので、事前に公式サイトでチェックしておきましょう。

株主優待でUCギフトカードをもらう

UCギフトカードは、企業の株主優待になっているところもあります。

もし、UCギフトカードが株主優待の企業の株を保有していると、時期が来れば家に届けてもらえますよ。

UCギフトカードが株主優待になっている企業は以下の通りです。

株主優待を取得する時は、銘柄によって信用取引ができますので、うまくやれば証券会社の手数料だけで株主優待を手に入れることができますよ。

私はいつもその方法を使って株主優待を手に入れています。

さいごに

UCギフトカードはプレゼント用にもできますし、金券ショップなどで自分が使うために安く買うこともできます。

個人的には、買い物を安くするために金券ショップで使うほうが現実的にあるかなと思いました。

思いのほかUCギフトカードは使えるお店が多いので、安く買えるとお得な買い物がしやすくなりますよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Amazonギフト券を初回購入2,000円以上で200ポイント

普段、Amazonで買い物しているならお得なキャンペーンを使ってみましょう!

Amazonギフト券をネットから初めて買う場合、2,000円以上だと200円分のAmazonポイントがもらえます。ポイントは1ポイント1円で買い物に使えますよ!

2,000円買えば10%お得になる計算です!

\ お得しかないよ! /

参考:Amazonギフト券キャンペーンを解説した記事はこちら

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

商品券やギフトカードって、手にしたときのワクワク感があると思います。どうやって使うのがいいのかをギフトヤで提案していきます。過去には安い商品券を求めて金券ショップをハシゴしていたぐらいの節約家です。
株式会社ONWA代表、節約ブログ「ノマド的節約術」を運営。

もし、この記事が役に立ったなら、こちらからコーヒーを支援していただけるとうれしいです。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる