MENU
商品券ごとに探す

図書カード・図書カードNEXTのお得な使い方– ブログ記事まとめ –

図書カードとは?

ミライト・ホールディングスから図書カードが到着

図書カードとは、本屋で買い物する時に使える磁気式のカードです。

上の写真が図書カードですね。
こちらは実際にもらったものです。

1,000円の図書カードであれば、1,000円まで使えるというシンプルな仕組みです。

例えば、580円買ったとしたら、残りは420円となり、図書カードの金額のところに小さな丸の穴が空きます。

2016年6月から図書カードNEXTに

2016年6月から図書カードが生まれ変わり、図書カードNEXTになっています。

今までの磁気タイプから紙に変わりました。
カードの裏面にQRコードがつき、そこから残高確認ができる仕組みです。

参考:図書カード残高確認のやり方はこちら

有効期限が10年間になり、今までのように無制限とはいかなくなりました。

ただ、10年以内に使い切れないというのは、忘れない限りはないですよね。

今までの図書カードは、問題なく使い続けることができますので、安心してください。

図書カードは本屋であればほとんどのお店で使える

図書カードという名前だけあって、本屋に行けばほとんどの場所で使えます。

私自身、それほど図書カードを使った経験は多くないですが、お店側に「使えません」と言われたことはありません。

普通の書店であれば、基本的にどこでも使えると思って間違いないのではないでしょうか。

図書カードを使うときは、レジでお金の代わりに提示しましょう。あとは店員さんが処理してくれますよ。

残高が残っている限りは何度でも使えます。

ただし、個人てやってるような古本屋とかは使えないと思っておきましょう。有名なブックオフでも図書カードは使えません。

[おすすめの使い道] 自分への投資に本を買おう

図書カードを手に入れたら、本を買えますよね。

どうせ本を買うのであれば、自分の将来につながるような本を買ってみてはいかがでしょうか。

と、堅苦しいことを言ってみましたが、どんな本であっても、自分の経験値にはなりますので、読む価値はあると思います。

本屋さんではないところで使える場合も

図書カードを使うときは、本に使うのが一番いいですが、中には本ではないものを買うのにも使えるお店があります。

そうすれば、普段本を読まない人でも図書カードの使い道ができますよね。詳しくは以下のページでまとめています。

本が不要になったら買い取ってもらって断捨離がおすすめ

図書カードを使って安く本を手に入れたとしても、いずれは読まなくなるものですよね。

もし、買った本が不要になった時は、家の中を整理する意味でも買取サービスに出してしまうのがおすすめです。

売ることでいくらかは現金にできますし、お金の負担が少し減りますよね。

参考:古本買取のおすすめはこちら

買取サービスではなく、自分で販売してみようと思うなら、ヤフオクやAmazonへの出品もおすすめです。

その方が手元に残るお金は大きくなりますよ。

さいごに

図書カードは、本をよく買うなら常に財布に入れておきたいカードの1つです。

安く図書カードを手に入れておけば、いつでも本が安く買えますからね。

本好きであれば、毎月の本に対する出費もそれなりになるはず。

その出費が少しでも減らせれば、浮いたお金でまた本を買うこともできるし、他の使い方もできますよね。

自分の好きなことに対してより多くのお金が使えるようにするためにも、図書カードをうまく活用していきましょう!

参考:図書カードを安く買う方法

図書カードの使い方がよくわかるブログ記事まとめ

123