MENU
商品券ごとに探す

おこめ券のお得な使い方– ブログ記事まとめ –

おこめ券とは?

おこめ券

おこめ券は文字通りお米に関する商品券です。
昭和58年から全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)が発行しています。

プレゼントするときに使われることが多いですよ。

お米を買うのに使えるため、もらった側は食費が浮くのでありがたいと思います。

ただ、それ以外は共通しているところが多く、販売金額は500円・ギフト券としての価値は440円となっています。

ちなみに、2007年10月9日以前に発行されていたものは額面が540円です。

残りの60円は発行経費・流通経費・管理費という項目で引かれていますね。そのため、自分で買って使うのには適さなくて、贈答用として使うのが一般的です。

おこめ券とおこめギフト券の違いについて

おこめ券と似た名前で「おこめギフト券」もあります。
名前があまりにも似てるので、違いがどうなっているのかが気になりますよね。

この2種類のギフトカード、発行元がそれぞれ違います。

  • おこめ券:全米販(全国米穀販売事業共済協同組合)
  • おこめギフト券:全国農業協同組合連合会

発行元が違うだけで、使い方に変わりはありません。
名前の違いを気にせず使えば大丈夫ですよ!

このページでは、わかりやすくするために「おこめ券」の表記にしていきますね。おこめギフト券も同様と思って読み進めていただければと思います。

おこめ券の使い方

おこめ券の使い方の注意書き

ここからは、おこめ券を手に入れたときにどのように使えばいいのか、具体的な使い道について紹介していきますね。

ちなみにお店によってはお米以外を買うときにも使えて、普段の買い物での節約にも使えますよ。

お店でおこめ券を使うときの流れは、レジに行ってお金ではなくおこめ券を提示すれば大丈夫です。

足りない分は現金もしくは他の支払い方法を使いましょう。
お店によってはクレジットカードや電子マネーとの併用ができない可能性もあるため、現金は必ず持っておいてください。

西友でおこめ券を使って購入したお米

ちなみに、おこめ券が使えるお店は以下のページにまとめています。

おこめ券に有効期限はありません

おこめ券を手に入れたはいいけど、いつまでに使えばいいのかが気になるかと思います。

ここは特別心配する必要はなくて、おこめ券・おこめギフト券には有効期限がありません。

いつでも好きなときに使えますよ。
たくさん持っておけば、高い買い物になってもまとめて使えますね。

おこめ券の買い方

逆におこめ券をプレゼントしたいときは、おこめ券がどこで買えるのか気になると思います。

一部のスーパーや百貨店などでおこめ券が買えますよ。

詳しくは以下のページでまとめていますので、気になったらチェックしてみましょう。

おこめ券がよくわかるブログ記事まとめ