[ビール券完全ガイド]お得な使い方・使い道まとめ– どう使うかを解説 –

ビールが好きな方にとってもらえるとうれしい金券が「ビール券」ですね。
私はお酒を飲まないですが、それでもビール券をもらえたらうれしいです!

ビール券は、名前だけ聞くと用途が狭そうに思うかもしれませんが、意外と使い道はありますよ。何度も使ってみて思ったよりもお得なのを実感できました!

このページでは、ビール券の使い方・お得な活用方法を詳しく紹介していきますね。

目次

ビール券とは?

2種類のビール券

ビール券とは、全国酒販協同組合連合会が発行している金券のことです。
上のような写真の商品券を見たことはないでしょうか?

主にビールやお酒を買うために使う商品券です。
びん券と缶券の2種類があります。

お酒が好きな人へのちょっとしたプレゼントに使えますね。

1枚あたりの値段が決まっている

他の金券にはない特徴として、ビール券の額面が左下に記載されています。
例えば「A-23-0770」の場合は770円使えるという意味です。

販売価格は使える金額よりも高くて、プレゼントなどの用途に使われていることが多い金券ですよ。

現在流通しているビール券は、主に以下の値段のものが多いです。

  • びん券:1枚770円で利用できる
  • 缶券:1枚488円で利用できる

発行された時期によって、ビール券の値段は異なります。
最新のビール券ほど値段が高くなる傾向にありますね。

YouTube動画でもビール券の仕組みについて解説しています

また、YouTube動画でもビール券の仕組みや使い方について解説していますので、文章より動画で見たいならチェックしてみましょう。

ビール券の使い方やお得な使い道

ビール券を買い物に使うときは、レジでお金の代わりにビール券を出しましょう。

お店がビール券に対応しているところであれば、店員さんが処理してくれますよ。

また、先ほども紹介したようにビール券は1枚あたりの値段が決まっています。ビール券の額面分の金額以上の買い物をした場合は、残りのお金を別の支払い方法で決済しましょう。

差額の支払いは、なるべくクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレスで支払うのがポイントもついてお得です。

お釣りが出る場合もある

ビール券を使う時に気になるのが、おつりが出るかどうかではないでしょうか。

答えは、「お店による」としか言えないのですが、大手スーパーや量販店ではおつりが出るところも多いです。

不安な場合は、使う前に店員さんやインフォメーションで直接確認してみるのがいいと思いますよ。

酒屋さんでもビール券は使えますが、おつりは出ない店が多いです。

ビール券のお釣り事情は、以下のページで詳しくまとめていますので、気になったらチェックしていただければと思います。複数の店舗で実際に使ってみてわかったことを記事にしました。

ビール券が使えるところ

悩む女性

そもそもビール券って、どこのお店で使えるの?

これからビール券を使うときに、どこで使えるのかわからない場合は、以下のページで使えるお店をチェックするのがおすすめです。

複数の店舗で実際にビール券を使ってみてわかったのは、主にスーパードラッグストアで使えるということです。

コンビニでも使えるところはありますが、店員さんがビール券のことを知らないケースが多いですね。

有効期限が設定されている

ビール券は、他の商品券と違って有効期限が設定されています。

発行された時期によって有効期限は異なりますが、長くて8年ほどの有効期限になっていますよ。

ビール券の有効期限についての仕組みは、以下のページでもまとめています。

ビール券がビール以外にも使えるところも

お店によってルールは違いますが、ビール券をビール以外の買い物でも使えるところがあります。

その場合は、食材やお菓子などを買ってもビール券が使えるのでとても便利になりますね。

お酒が飲めない人がビール券をもらったときにもありがたいです!

ビール券の使い方がよくわかるブログ記事一覧

ギフトカードが使えるお店を探そう