MENU
商品券ごとに探す

ビール券のお得な使い方– ブログ記事まとめ –

ビール券とは?

ビール券とは、全国酒販協同組合連合会が発行している金券のこと。

他の金券にはない特徴として、ビール券の額面が左下に記載されています。
例えば「A-23-0770」の場合は770円使えるという意味です。

販売価格は使える金額よりも高くて、プレゼント用に使われていることが多い金券ですよ。

参考:ビール券は1枚いくら?

2種類のビール券

ビール券の使い方

ビール券を買い物に使うときは、レジでお金の代わりにビール券を出しましょう。

使えるお店であれば、ビール券を処理してもらえますよ。

額面分の金額以上の買い物をしている場合は、残りのお金を別の支払い方法で決済しましょう。

これからビール券を使うときに、どこで使えるのかわからない場合は、以下のページで使えるお店をチェックするのがおすすめです。

ビール券はおつりが出るのか?

ビール券を使う時に気になるのが、おつりが出るかどうか。

答えは、「お店による」としか言えないのですが、大手スーパーや量販店ではおつりが出るところも多いです。

不安な場合は、使う前に店員さんやインフォメーションで直接確認してみるのがいいと思いますよ。

酒屋さんでもビール券は使えますが、おつりは出ない店が多いです。

ビール券のお釣り事情は、以下のページで詳しくまとめていますので、気になったらチェックしていただければと思います。


ビール券がビール以外にも使えるところも

お店によってルールは違いますが、ビール券をビール以外の買い物でも使えるところがあります。

その場合は、食材やお菓子などを買ってもビール券が使えるのでとても便利になりますね。

お酒が飲めない人がビール券をもらったときにもありがたいです!

参考:ビール券がビール以外に使えるかについて解説した記事はこちら

ビール券の使い方がよくわかるブログ記事一覧