MENU
商品券ごとに探す

VJAギフトカードのお得な使い方– ブログ記事まとめ –

VJAギフトカードとは? VISAギフトカードとの違いについて

VJA、なんかVISAと似てる感じなので、勘違いしがちです。
私自身、しばらくはVISAの間違いではないかと思っていました。

VJAギフトカードは、もともとVISAギフトカードだったそうです。
2011年1月からの発行なので、勘違いするのも無理はないですね。

VJAギフトカード、正式名称は「三井住友カードVJAギフトカード」といいます。

全国50万店以上で使え、デパート、大手スーパー、ショッピングセンター、ホテルなどで使うことができますよ。
使えるお店は、このあとでも説明していきますね。

ちなみに、VJAはVISAジャパンの略称です。

VJAギフトカードの額面は、1,000円のものがあります。

過去のVISAギフトカードが余っていれば、今でも使えますよ。
使い方はこれから説明していくVJAギフトカードの使い方と同じです。

現在のVISAギフトカードはプリペイドカードタイプとなっています。

VJAギフトカードの使い方

VJAギフトカードを使うときは、レジでお金の代わりに出しましょう。
支払額がVJAギフトカードの金額よりも大きいときは、端数は別の支払い方法にします。(おつりが出ないため)

初めて使うときは緊張するかもしれませんが、店員さんがあとは処理してくれますので、使ってみると意外とあっさりとできますよ!

どうしても不安な場合は、レジに行く前に店員さんに確認すればより安心できます。

使い方の例

VJAギフトカードは使える店舗が多いので、様々な使い方を検討することができます。

個人的にうれしいのは、スーパーや書店で使えること。

もし、これからVJAギフトカードを使うなら日常的に使う店で使えるのがいいと思います。

以下でVJAギフトカードの使い方の具体例を上げてみましたので、使い道がわからなくて困ってるときの参考になればうれしいです!

  • イオンに食材を買いに行き、1,200円かかったので、うち1,000円分はVJAギフトカードで支払った
  • ヨドバシカメラで家電を買うときに、VJAギフトカードを使った
  • 紀伊國屋書店で1,500円のビジネス書を買うときに、うち1,000円分はVJAギフトカードで支払った

日常の一部として、VJAギフトカードを使いこなすことができますね。

VJAギフトカードを手に入れることができれば、浮いた金額分がそのまま節約できると思っていただいて間違いありません。家計が非常に助かります。

ちなみに、金券ショップやオークションで換金した場合もほとんどレートを落とさず現金を手にすることができます。

悪くても額面の90%以上にはなるでしょう。

プレゼントにもおすすめ

ギフト包装されたVJAギフトカード

VJAギフトカードは、名前の通りギフトカードです。
ギフトとして贈るときにも使えますよ。

いつもお世話になっている人が独立されたときのパーティーで、VJAギフトカードをいただく機会がありました。

こんな使い方もあるんだな〜と逆に勉強になりましたね。

自分もお世話になっている人にVJAギフトカードを贈ることを選択肢の1つに入れようと思いました。

ギフト包装されたVJAギフトカード

VJAギフトカードの使い方がよくわかるブログ記事一覧

12