MENU
商品券ごとに探す

スターバックスカードのお得な使い方– ブログ記事まとめ –

スターバックスカードとは?

スターバックスカード(通称:スタバカード)とは、スターバックスで使えるプリペイドカードのことです。

事前にチャージしていれば、スターバックスでの支払いのときに、ICカードリーダーにかざすだけで使えて、支払いの手間が省けるようになっていますよ。

スタバカードがあれば、支払いの時間短縮になりますし、チャージ方法を工夫すれば節約にもつながります。

スターバックスを頻繁に使うのであれば、必須ともいえるカードですね。

スタバカードの使い方

ここからはスタバカードをどうやって使っていくのかを紹介しますね。

作るところから使えるようになるまでの流れをまとめました。

まずはスタバカードを作る

スタバカードを使う前に、まずはスタバカードを作る必要があります。

以下のページでスタバカードの作り方があるので、まだなら作っておきましょう。

スタバカードにチャージする

スタバカードを作れたら、まずはお金をチャージします。
作ったときにもチャージすると思うので、最初から残高があるのではないでしょうか。

残高が減ったら、自分でチャージして入金します。

クレジットカードでもチャージできるので、そのほうがポイントも貯まってお得です。

お店で会計するときに使う

スタバカードを使うときは、スターバックス店舗で注文して会計するときに店員さんに提示します。

ICカードリーダーにかざすか、バーコードを読み取ってもらうことで支払いができますよ。現金を出す手間がありません。

店員さんも慣れているので、初めての場合でもやり方を教えてもらえますので安心してくださいね。

スタバカードに有効期限はあるの?

スタバカードを作ったとき、有効期限があるかどうか気になるのではないでしょうか。

この心配は無用で、スタバカードに有効期限はありません。

ただし、2012年6月5日以前に3年間使っていなかったスタバカードは無効になっているため使えないです。

これ以降にスタバカードを作っているのであれば、しばらくスターバックスに行っておらず久しぶりに使ったときにも問題なく使えますよ。

私も気になってスタバカードの残高を確認したら、最後に使ったのが3年以上前でした。

それでも今も使えるのはありがたいですね。

スタバカードがよくわかるブログ記事まとめ