MENU
商品券ごとに探す

こども商品券のお得な使い方– ブログ記事まとめ –

こども商品券とは?

こども商品券とは、名前にもあるように、子供のための商品券です。

額面の分だけ、おもちゃ・子供服・ベビー用品などと交換できます。一部、遊園地や水族館・動物園でもこども商品券が使えますよ。

子供へのプレゼントにもできますし、出産祝いなどにも使える商品券ですね。

全国約5,500の加盟店で利用できる

こども商品券は全国にある約5,500店舗ほどで使えます。

以下の一覧は、こども商品券が利用できるシーンですね。

  • おもちゃ売り場(デパート・スーパー・玩具専門店)
  • ベビー服・子供服・子供用品
  • 文具・ステーショナリー
  • 遊園地・水族館・動物園など
  • ごく一部のレストラン

商品券は500円、1,000円の2種類

こども商品券

こども商品券は1枚500円の券と1,000円の券の2種類があります。

どちらかに優劣がある訳ではないですので、心配は無用です。

ただ、使うときのことを考えると、細かく利用できる500円券を何枚か持っておくと便利ではないでしょうか。

例えば、1,500円の買い物の時に1,000円券と500円券を1枚持っていれば、それだけで会計を済ますことができますよね。

こども商品券は大人でも使える

名前に「こども」と付くので、子供だけしか使えない印象があるかもしれません。

そんな心配はなく、大人でもこども商品券が使えるお店なら問題なく使えますので、安心してくださいね。

こども商品券の使い方

こども商品券を使うときは、対象のお店に行き、レジでお金を出す代わりにこども商品券を出しましょう。あとは店員さんが処理してくれますよ。

ただし、お釣りは出ない商品券になるので、端数の部分は他の支払い方法を使いましょう。

1枚500円と1,000円のこども商品券を両方持っているなら、端数が小さくなるように使い分けるといいですよ。

有効期限は約5年間

こども商品券には有効期限が設定されています。

毎年10月に新しいこども商品券が発行されており、有効期限は5年後の12月31日までとなっています。

例えば2020年10月に発行されたこども商品券の有効期限は、2025年12月31になりますよ。

商品券は有効期限がないものが多いので、注意してくださいね。

忘れないうちに使ってしまうのが、有効期限内に使うコツです。

こども商品券の使い方がよくわかるブログ記事まとめ