ビール券の値段は一枚いくら?金額の見方・何円で買えるかや使えるかを画像つきでわかりやすく解説

ビール券はいくらで買えるか・使えるかを知っていますか?
ギフトでビール券を贈る前に、種類や値段を知っておきたいと思います。

また、ビール券を使うときも1枚いくらで使えるのかがわかりにくいです。

そんな全国酒販協同組合連合会が発行するビール券は2種類あり、1つ1つ購入時の値段と利用時の値段が異なります。

どのお酒に引き換えられるか、あるいは何円分使えるかも異なるので、渡す相手との関係性を考えながら購入してくださいね。

このページでは、2種類あるビール券の1枚あたりの金額の見方を詳しく解説していきます。

目次

ビール券の種類と購入時・利用時の値段一覧

2種類のビール券

ビール券とは、「全国酒販協同組合連合会」という団体が発行するギフト券のこと。
主に贈答に使われ、規定のビールや商品と交換できます。

ビール券を購入するときの値段は以下の通りです。(2028年3月有効期限分)
種類ごとにまとめました。

種類通称購入価格利用価格
ビール共通券(びん633ml 2本)びん券845円770円
ビール共通券(缶350ml 2缶)缶券544円488円
ビール券の種類ごとの購入価格・利用価格まとめ

参考:ビール共通券・清酒券について(全国酒販協同組合連合会)

先ほどもふれたように、購入価格と利用価格が異なります。
利用価格のほうが下がってしまうので、自分のためには買わないほうがいいですね。

このあとで、2種類のビール券の特徴や使い道について紹介していきます。

ビール共通券(びん633ml 2本)は1枚いくらで使える?

まずは、ビール共通券(びん633ml 2本)が1枚いくらで使えるのかを紹介していきますね。

▼現物はこんな感じで、一枚845円で購入できます。

ビール共通券(びん633ml 2本)

このように、ビール券には引換内容や有効期限がはっきりと記載されています。

瓶ビール633ml×2本か、770円分の商品と引き換え可能

ビール共通券(びん633ml 2本)は、アサヒ・キリン・サッポロ・サントリーいずれかの633ml瓶ビール2本か、770円分の商品と交換できますよ。

▼ビール券の左下に記載されているコード番号「A-23-0770」は、金額を意味しています。

ビール共通券(びん633ml 2本)の引換内容

こちらのビール券は1枚845円ですが、使えるのは770円分です。

つまり割高なので、基本的には贈答用になります。
自分用には買っても得はしません。

こちらは瓶ビール用の券ですが、お店によっては何でも買えたりするので、缶ビールが買える場合がありますよ。

お得に使いたいなら、瓶ビール以外を買うのにも対応しているお店での利用がおすすめです。

ビール共通券(缶350ml 2缶)は1枚いくら?
  • 購入価格:845円
  • 使える金額:770円
  • 差額:75円
1枚770円として使えるよ。

2026年3月有効期限分は1枚784円、2027年3月有効期限分は1枚798円として使えます。

ビール共通券(缶350ml 2缶)は1枚いくらで使える?

次は、ビール共通券(缶350ml 2缶)が1枚いくらなのかを見ていきましょう。

▼現物はこんな感じで、一枚544円で購入できます。

ビール共通券(缶350ml 2缶)

こちらのビール券にも引換内容や有効期限が記載されています。
有効期限があるといっても、かなりの年数があるので、忘れてない限りは使い切れると思いますよ。

缶ビール350ml×2本か、488円分の商品と引き換え可能

ビール共通券(缶350ml 2缶)は、アサヒ・キリン・サッポロ・サントリーいずれかの350ml缶ビール2本か、488円分の商品と交換できますよ。

▼先ほどと同じく、ビール券の左下にコード「K-9-0488」の記載があります。

ビール共通券(缶350ml 2缶)の引換内容

こちらのビール券は一枚544円ですが、使うときは1枚488円になります。

びん券と同様に、お店によっては缶ビール以外の商品を買うのにも使えるお店もがありますよ。お酒を飲まない場合でも使い切れます。

ビール共通券(缶350ml 2缶)は1枚いくら?
  • 購入価格:544円
  • 使える金額:488円
  • 差額:56円
1枚488円として使えるよ。

2026年3月有効期限分は1枚494円、2027年3月有効期限分は1枚504円として使えます。

ビール券は使えるお店や使用条件の確認が必要

ビール券は、イオン系列店コンビニドラッグストア等で使用できますが、使うときは確認が必要です。

たとえば同じチェーン店でも使える店舗と、使えない店舗があったりします。

ただ、ここで紹介してきたビール券1枚あたりの値段はどこで使っても同じなので、そこは安心してくださいね。コンビニで使うときも1枚あたりの値段は先ほど紹介した通りです。

以下のページから、ビール券が使えるお店や使ったお店ごとのルールについてまとめた記事が見れますので、気になったらチェックしてみましょう。

また、ビールのみ引換可能だったり、お酒が1点含まれていれば食品も引き換えできたり、何でも引き換えできるなど、ビール券に対する考え方はお店によって異なります。

ビール券をギフトで贈る際は、その点を伝えておいたほうが親切かもしれませんね!

以下のページで、実際にビール券を使ってビールやお酒以外のものを買えるのか試した結果をまとめています。

さいごに

ビール券は2種類あり、それぞれ1枚あたりの値段が異なります。

プレゼントなどで贈るときは、相手に合わせてがよろこんでくれそうなほうを選びましょう!

逆に自分がビール券をこれから使うときは、1枚あたりの値段を確認した上で、お店に行ったときは買い物かごに入れるかどうかの判断になればと思います。

2種類のビール券

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Amazonギフト券を初回購入2,000円以上で200ポイント

普段、Amazonで買い物しているならお得なキャンペーンを使ってみましょう!

Amazonギフト券をネットから初めて買う場合、2,000円以上だと200円分のAmazonポイントがもらえます。ポイントは1ポイント1円で買い物に使えますよ!

2,000円買えば10%お得になる計算です!

\ お得しかないよ! /

参考:Amazonギフト券キャンペーンを解説した記事はこちら

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

小林敏徳(こばやし としのり)です。1980年生。大阪府在住。フリーランスです。ギフト券の基礎知識や、実際に使った感想などをレポートします。

もし、この記事が役に立ったなら、こちらからコーヒーを支援していただけるとうれしいです。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる