イオンギフトカードはどこで買えるの?買える場所の一覧や購入方法・デザインの種類まとめ

普段からイオンに関連するお店で買い物している人に対するお祝いやプレゼントを考えたときに、イオンギフトカードが候補で出てくるかと思います。

もし、イオンギフトカードを買いたいと思ったときに、どこのお店で購入できるのかが気になります。

なんとなくイオンで買えるのはイメージできるかと思いますが、他のところでも買えたらより便利ではないでしょうか。

このページでは、イオンギフトカードが買える場所や、実際の購入方法について詳しく紹介していきますね。

目次

イオンギフトカードが買える場所まとめ

イオンギフトカード

早速、イオンギフトカードがどこで買えるのかをまとめてみました。

代表的な購入可能店舗を一覧にしています。

ただし、紹介した店舗でもイオンギフトカードが一部販売されていない店もありました。

もしイオンギフトカードを買いに行くなら、出かける前に近くのお店で販売されているか公式サイトで確認してみましょう。

また金券ショップやフリマサイトでも見つかる場合があります。
フリマサイトの場合は、額面より高くなっている場合があるので、ポイント消化で使う感じになりますね。

イオンギフトカードを確実に手に入れるなら、上で紹介したお店に行くことをおすすめします。

イオンギフトカードの値段は自由に選べる

イオンギフトカードを買うときに、いくらにしようか迷うのではないでしょうか。

あらかじめ決まった値段を選ぶのではなくて、1枚のカードに1,000円から10万円まで好きな金額をチャージできます。

贈りたい相手との関係性を考えつつ、自由に金額設定できるのでこちら側も無理がないですね。自分の予算の範囲内で買ってみましょう。

10種類以上のデザインから選べる

イオンギフトカードのカードデザインは13種類あります。
送る相手に合わせて好きなデザインが選べますね。

通常のデザインだけでなく、以下のキャラクターデザインが入ったイオンギフトカードも選べます。

  • ふうせんいぬティニー
  • ピーターラビット
  • リサとガスパール
  • うさぎのモフィ

プレゼント用に包装紙も無料でつけてもらえます。
チャージした金額以外にお金はかかりません。

実際にイオンギフトカードを購入する流れ

というわけでイオンのサービスカウンターに行き、実際にイオンギフトカードを購入してみました。

サービスカウンターでイオンギフトカードが欲しいことを伝えると、まずカードの絵柄は何がいいか聞かれます。

▼イオンでは、ショーケースに入った見本から選ぶようになっていましたよ。

イオンギフトカード サービスカウンターショーケースの中

ショーケースの中のデザインは11種類ほどでした。

欲しい絵柄のカードと、カードにチャージしたい金額を伝えてお金を払いました。今回は2,000円にしています。

お金を支払うと、店員さんが目の前でイオンギフトカードに2,000円チャージしてくれました。

▼レシートにも「電子マネーチャージ」と書かれていますね。

イオンギフトカードを購入したときのレシート

イオンギフトカードは、その名のとおり贈り物が前提となっているので、店員さんはこちらが何も言わなくてもギフトカードの包装の準備をしてくれます。

▼何種類かある包装紙のデザインの中から選びました。

イオンギフトカード 包装

▼開けるとこのような感じです。

イオンギフトカード リサガスデザイン

その後マックスバリュでもイオンギフトカードを購入してみましたが、流れは同じでしたよ。

ただ、置いてあるカードのデザインの種類は店によって違いがありますね。

イオンギフトカードとマックスバリュのレシート

さいごに

今回初めてイオンギフトカードを購入してみたのですが、贈る相手に合わせて金額やカードのデザインが選べるのがいいなと思いました。

入学祝いやお世話になった人へのお礼をする機会があれば、イオンギフトカードをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

また、イオンギフトカードを渡すときに使えるお店も教えてあげるとよろこばれると思います。

イオンギフトカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Amazonギフト券を初回購入2,000円以上で200ポイント

普段、Amazonで買い物しているならお得なキャンペーンを使ってみましょう!

Amazonギフト券をネットから初めて買う場合、2,000円以上だと200円分のAmazonポイントがもらえます。ポイントは1ポイント1円で買い物に使えますよ!

2,000円買えば10%お得になる計算です!

\ お得しかないよ! /

参考:Amazonギフト券キャンペーンを解説した記事はこちら

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

高校生の息子と暮らすシングルママライターです。
株主優待の食事券や商品券をもらって使うのが最近の幸せな時間。
一番好きな商品券はおこめ券です。

もし、この記事が役に立ったなら、こちらからコーヒーを支援していただけるとうれしいです。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる