ドン・キホーテで日専連ギフトカードは使えるのか実際に試してみた流れを写真つきで解説

日専連ギフトカードをもらったときに、ドン・キホーテでも使えたらいいなと思うことはないでしょうか。

私も気になったので、ドン・キホーテのお店で確認してみたところ、日専連ギフトカードが使えることがわかりました!

ということで、今回初めてドン・キホーテで日専連ギフトカードを使って買い物してみました。

このページでは、ドン・キホーテでの日専連ギフトカードの使い方や、お釣りが出るかどうかなども含めて詳しく紹介していきますね。

参考:ドン・キホーテで使える商品券やギフトカードのまとめ

目次

ドン・キホーテでは日専連ギフトカードが使える

日専連ギフトカードを使う前に、日専連の公式サイトで利用できる店について調べてみました。

▼見てみると、ドン・キホーテでも利用できることがわかりますね。
北海道に限らず、全国にあるドン・キホーテで日専連ギフトカードが使えますよ。

日専連サイトの利用店舗ページ

▼日専連ギフトカードの裏面をみると、お釣りは出ないと書いてあります。

日専連ギフトカード 裏面

もしかしたらお店によって日専連ギフトカードが使えない、なんてこともあるかもしれないので、ドン・キホーテの店舗に行って確認してみることにしました。

ドン・キホーテで日専連ギフトカードを使ってみた

ドン・キホーテの外観と日専連ギフトカード

その後、近所のドン・キホーテに行き、店内で欲しい商品を選んでレジで並びました。

ドン・キホーテの購入品と日専連ギフトカード

日専連ギフトカードをお財布から出してスタンバイし、会計のときに店員さんに聞いてみました。

わたし

すみません、日専連ギフトカードは使えますか?

店員さん

はい、使えますよ。

という感じで、店員さんも慣れた様子で対応してくれたので、レジでのやりとりはとってもスムーズでした。

レジの前でお会計をしているときに、ふと目の前を見ると、使えるギフトカード一覧が貼ってあるではないですか!

▼日専連ギフトカード使えるとここに書いてありますね。

ドン・キホーテ支払い方法一覧

小さく書いてあるので見落としていました。

▼拡大したのがこちら。

ドン・キホーテ支払い方法一覧 拡大 日専連ギフトカード

今後はレジ前に貼ってある支払い方法を参考にしたいと思います。

この張り紙に気がついていれば、あらかじめ店員さんに聞く必要もなかったですね。

▼レシートに「ギフト券」と書かれているのが、日専連ギフトカードの適用分になります。差額はSuicaで支払いました。

ドン・キホーテ 日専連ギフトカードでの買い物レシート

差額は現金かクレジットカード、電子マネーで支払える

ドン・キホーテで日専連ギフトカードを使うと、1,000円ぴったしではない限り差額が出ると思います。そのときの差額をどう支払えばいいのかが気になるところ。

差額分は以下の支払い方法に対応していますよ。

  • 現金
  • クレジットカード
  • 交通系ICカード
  • iD
  • 楽天Edy
  • QUICPay
  • majica

PayPayで支払おうと思ったのですが、残念ながら対応していなかったので、Suicaで支払いました。

ドン・キホーテ独自サービスのmajicaは、majicaカードにチャージして支払いした場合にのみmajicaポイントが付きます。

そのほかの決済方法では、majicaポイントは付かないので注意してくださいね。

ドン・キホーテでよく買い物するなら、majicaカードにチャージして支払いするほうがポイントが貯まりやすくなりますよ。

さいごに

ドン・キホーテで日専連ギフトカードを使えることがわかりました。

日専連ギフトカードを使えることを知っていれば、買い物する場所の選択肢が広がりますね。

ドン・キホーテが近くにあって日専連ギフトカードを持っていたら、ぜひこの記事を参考にしてお買い物をしてみてください。

参考:ドン・キホーテで使える商品券やギフトカードのまとめ

ドン・キホーテの外観と日専連ギフトカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Amazonギフト券を初回購入2,000円以上で200ポイント

普段、Amazonで買い物しているならお得なキャンペーンを使ってみましょう!

Amazonギフト券をネットから初めて買う場合、2,000円以上だと200円分のAmazonポイントがもらえます。ポイントは1ポイント1円で買い物に使えますよ!

2,000円買えば10%お得になる計算です!

\ お得しかないよ! /

参考:Amazonギフト券キャンペーンを解説した記事はこちら

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

高校生の息子と暮らすシングルママライターです。
株主優待の食事券や商品券をもらって使うのが最近の幸せな時間。
一番好きな商品券はおこめ券です。

もし、この記事が役に立ったなら、こちらからコーヒーを支援していただけるとうれしいです。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる