クオカードをクオカードペイに移行できる方法はある?2つの違いについても解説

最近、「クオカード」と「クオカードペイ」という2つの言葉を聞くことはないでしょうか。

なんだか名前が似ているし、これはどういうことだろうと思うかもしれませんね。

似た名前だし、クオカードの残高をクオカードペイに移行できそうな気もしちゃいます。

しかし、残念ながらクオカードの残高はクオカードペイに移行できません

目次

クオカードとクオカードペイは別物

そもそも、クオカードとクオカードペイは別のサービスになります。

それぞれのサービスについて見ていきましょう。

クオカードについて

クオカード

クオカードは、上の写真にあるようなあらかじめ残高がチャージされているプリペイドカードです。

残高分を使い切るまでは何回でも使えますよ。

懸賞や株主優待・プレゼントなどでもらうことがあるため、手にしたこともあるのではないでしょうか。

コンビニや書店など、使えるお店が多いのもいいところです。
私もたまにクオカードを使ってお得な買い物をしていますよ。

クオカードペイについて

クオカードペイは、実物のカードがあるクオカードとは違います。デジタルギフト券みたいな感じでしょうか。

メールなどでクオカードペイのURLを開くと、受け取った分の金額をお店の支払いに使えます。支払いのときはバーコードを読み取ってもらうだけ。

PayPayなどと同じような仕組みで支払いできますね。

実物のクオカードのイメージが強いため、クオカードペイと聞くと不思議な感じがしてしまいますが、QRコード決済の1つと思えば大丈夫です。

クオカードにはバーコードなどがついていないため、クオカードペイで読み取ることができず、残高を移行できないのでしょうね。

さいごに

最初にも紹介したように、クオカードからクオカードペイにチャージや移行はできません。

それぞれのサービスについてざっくりでも知っておけば、今後どちらかのカードをもらう機会があったときに迷うことが減ると思いますよ。

以下でクオカードとクオカードペイの違いを比較できるようにまとめました。

クオカード
クオカードペイ
  • プリペイドカード
  • カードを読み取りで決済
  • デジタルのコード
  • QRコードで決済

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

商品券やギフトカードって、手にしたときのワクワク感があると思います。どうやって使うのがいいのかをギフトヤで提案していきます。過去には安い商品券を求めて金券ショップをハシゴしていたぐらいの節約家です。
株式会社ONWA代表、節約ブログ「ノマド的節約術」を運営。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる