ビックカメラでUCギフトカードを使ってみた流れやポイント付与の仕組みを解説

UCギフトカードってなかなか手にすることない商品券なので、どこで使ったらいいのか迷うかもしれませんね。

ビックカメラでもUCギフトカードが使えたらいいなと思い調べてみると、使えることがわかりました!

この機会にビックカメラでUCギフトカードを使ってみようと思います。

このページでは、ビックカメラでのUCギフトカードの使い方や、お釣りが出るかどうかについて詳しく解説していきますね。

参考:ビックカメラで使える商品券やギフトカードのまとめ

目次

UCギフトカードの裏面にビックカメラで使える記載を発見

ビックカメラでUCギフトカードを使ったことはなかったので、お店に行く前にまず裏面を確認してみることにしました。

UCギフトカード 裏面

取扱店にビックカメラも入っていますね。
ビックカメラでUCギフトカードを使うときのルールは以下の通りです。

  • ビッグカメラでUCギフトカードが使える
  • お釣りは出ない
  • 有効期限がない

ビッグカメラでも使えることはわかったのですが、次のような注意書きがありました。

『一部店舗・売場で利用不可の場合がありますので、詳しくは店舗にご確認ください』

おそらく使えるとは思いますが、お店でも確認してみたほうがよさそうです。

ビックカメラでUCギフトカードが使えるか聞いてみた

ビックカメラ外観とUCギフトカード

その後ビックカメラへ行き、店員さんにUCギフトカードが使えるか聞いてみました。

わたし

すみません、UCギフトカードはビックカメラで使えますか?

店員さん

はい、使えますよ。でもお釣りの出ないギフトカードですね。

わたし

そうなんですね!
ビックカメラの商品にだったら何でも使えますか?

店員さん

はい、使えますよ。

という感じで、UCギフトカードの使い方を教えてもらいました。
ただし、お釣りは出ないので額面以上のお買い物をしましょう。

実際にビックカメラでUCギフトカードを使って買い物をしてみた

次にお目当ての商品をカゴに入れてレジに向かいます。
息子の学校用のマスクと、自分のおやつを購入しました。

ビックカメラ購入品とUCギフトカード

支払うときにレジで店員さんにUCギフトカードを渡すと、慣れた様子で処理してくれましたよ。

店員さん

お客様、UCギフトカードでお支払いした分はポイント還元率が2%下がりますがよろしいでしょうか?

わたし

そうなんですね。わかりました!

合計が1,186円分だったので、UCギフトカード1,000円分を使いました。

▼レシートに「ギフトUC」と書かれているのがUCギフトカードの適用分です。

ビックカメラレシート UCギフトカード支払い 拡大

差額の186円はSuicaで支払いました。

差額分はキャッシュレスにも対応

ビックカメラでUCギフトカードを使うと、差額の支払いが出てきます。
以下の方法で支払いできますよ。

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • ビックポイント
  • 商品券・ギフトカード

電化製品を扱っているお店なので、クレジットカードや電子マネーで支払っている人が多いなと感じました。

ビックカメラのポイントも付きます

ビックカメラのポイント付与率は、支払い方法や商品によって違いがあります。

会計のときにビックカメラのポイントカードを一緒に出すと、ポイントを付けてくれますよ。

▼ポイントもUCギフトカードの分は2%下がるとはいえ、しっかり付けてくれるのがうれしいですね。

ビックカメラレシート UCギフトカード支払い ポイント

今回は日用品の購入だったため、基本のポイント還元率が3%になりました。UCギフトカード利用分は1%になり、残りの支払いが3%で計算されていますね。

ちなみにポイントカードを忘れた場合はポイントが付かないので、ビックカメラで買い物をするときは、ポイントカードも忘れずに持っていきましょう。

ビックカメラのアプリをスマホに入れておくと、カード忘れを防げますよ。

さいごに

今回初めてビックカメラでUCギフトカードを使ってみましたが、店員さんに聞いてみたら問題なく使えました。

あまり見慣れないギフトカードで使い方に迷うかもしれませんが、このページの流れのように使ってみると大丈夫だと思います。

電化製品の買い替えなどで、ビックカメラで買い物する予定があるならUCギフトカードを使って節約してみましょう。また、今回のように日用品の購入に使うのもおすすめです。

参考:ビックカメラで使える商品券やギフトカードのまとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

高校生の息子と暮らすシングルママライターです。
株主優待の食事券や商品券をもらって使うのが最近の幸せな時間。
一番好きな商品券はおこめ券です。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる