バニラVisaギフトカードを使い切る方法まとめ。切手やAmazonギフト券の購入で0円にする手順を紹介

バニラVisaギフトカードで支払いをすると、10円や100円などの端数が残ってしまい、使い切れるかどうか困るのではないでしょうか。

残高が0円になるまで使い切るのは難しいですよね。

1円でも残ったまま捨ててしまうのは、もったいなさを感じると思います。

そこでこのページでは、店頭やネットショップを利用してバニラVisaギフトカードを使い切る方法を紹介するので、参考にしてみてください。

目次

店頭でバニラVisaギフトカードを使い切る方法

まずは、店頭でバニラVisaギフトカードを使い切る方法をまとめてみました。

バニラVisaギフトカードが使えるお店に行った際は、試してみてください。

店頭で現金と併用して使う

店頭で、バニラVisaギフトカードと現金を併用して使える場合があります。

その際の支払い手順は以下のとおりです。

店頭でバニラVisaギフトカードを現金と併用する手順
  1. あらかじめ、バニラVisaギフトカードの残高を確認する
  2. レジで「〇〇円をこのカードで、残りを現金で支払います」と伝える
  3. バニラVisaギフトカードと現金を手渡す

ただし、バニラVisaギフトカードと現金の併用に対応していないお店もあるので、事前に店員さんに確認してみてくださいね。

バニラVisaギフトカードの残高を確認する方法は以下のページにまとめています。

セルフレジでWAON POINTと併用する

WAON POINT加盟店のセルフレジなら、WAON POINTとバニラVisaギフトカードを併用して支払えます。

WAON POINTとバニラVisaギフトカードを併用する手順
  1. あらかじめ、バニラVisaギフトカードの残高を確認する
  2. セルフレジで、まずはWAON POINTで支払う
  3. 残りをバニラVisaギフトカードで支払う

このとき、「WAON POINT」 → 「バニラVisaギフトカード」の順番で支払ってくださいね。

逆の順番だと、WAON POINTが使えない可能性があります。

郵便局で切手を購入する

バニラVisaギフトカードで買った切手と郵便局の看板

バニラVisaギフトカードは、郵便局で切手を購入するのにも使えます。

切手には1円や2円・5円などの種類があるので、バニラVisaギフトカードの残高ぴったりに調整するのが簡単です。

そこで実際に、郵便局で切手を買って、バニラVisaギフトカードで支払ってみました。

支払うときは、読み取り端末にバニラVisaギフトカードをスライドさせてください。

バニラVisaギフトカードにはICチップが搭載されていないので、端末に差し込んでも、読み取れません。

店員さんに「スライド式で読み取るタイプのカードです」と伝えればOKです。

▼写真の青枠部分をスライドさせましょう。

バニラVisaギフトカード本体の裏面 磁気テープ部分

▼1円切手1枚・2円切手2枚・5円切手1枚、合計10円分を買いました。

バニラVisaギフトカードで買った1円切手1枚、2円切手2枚、5円切手1枚

▼レシートには「クレジット」として、バニラVisaギフトカードで支払ったことが記載されています。

バニラVisaギフトカードで切手を買ったレシートのバニラVisaギフトカード記載部分

▼今回使ったバニラVisaギフトカードの残高が10円だったので、切手の購入で使い切ることができました。

切手の購入によって、バニラVisaギフトカードを使い切った残高確認画面

うまく使い切れると気持ちいいですね!

ネットショップでバニラVisaギフトカードを使い切る方法

バニラVisaギフトカードはネットショップで使い切ることもできます。

普段よく買い物をするネットショップで試してみてくださいね。

Amazonギフト券を購入する

バニラVisaギフトカードでAmazonギフト券を購入する画面1 スマホ版

Amazonのサイトで、バニラVisaギフトカードを使って、Amazonギフト券を購入できます。

参考:Amazonギフト券チャージタイプ

Amazonギフト券は、100円から50万円の範囲で、1円ごとに金額を指定して買えるオンラインギフトカードです。

バニラVisaギフトカードの残高が99円以下の場合はAmazonギフト券を買えませんが、残高が100円以上あれば、金額を細かく指定して使い切れますね。

以下の記事では、実際にバニラVisaギフトカードを使ってAmazonギフト券を買ってみた流れを画像つきで解説しています。

ネットショップでポイントと併用して使う

Amazonや楽天市場などのネットショップで、ショップのポイントとバニラVisaギフトカードを併用して支払えば、残高を使い切れます。

たとえば、1,000円の支払いに対して、255円をバニラVisaギフトカードで、残りの745円をポイントで支払うイメージです。

ポイントとバニラVisaギフトカードを併用できるかは、ショップによって異なるので注意してくださいね。

残高が9円以下になると使えないので注意

残高が9円以下になったバニラVisaギフトカードは、これ以上使えません。

10円以上の残高がないと、使えない仕組みになっています。

カードの利用可能残高が9円以下の場合は、ご利用いただけません。

(引用:バニラVisaギフトカード「個人のお客さま」

残高が9円以下になった場合は、残念ですがそのバニラVisaギフトカードを使うのは諦めましょう。

バニラVisaギフトカードの残高が9円以下になる前に、これまで紹介してきた方法で残高を使い切ってくださいね。

さいごに

ここまでバニラVisaギフトカードの使い切り方を紹介してきました。

店頭やネットショップで、ポイント・現金をうまく利用すれば、バニラVisaギフトカードを使い切れます。

Amazonギフト券にチャージすると、残高が9円以下になるかどうかを考える必要がなくなるので、気が楽になると思いますよ。

残高が小額であっても、バニラVisaギフトカードを捨てたり、期限切れになったりするともったいないので、このページで紹介した方法を試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

サウナ好きのフリーライターです。ポイントを貯めながら節約生活をしています。手取り20万の新卒1年目に100万円貯金したことも。上手にお金とギフト券を使えるようにわかりやすく簡潔に解説します。

もし、この記事が役に立ったなら、こちらからコーヒーを支援していただけるとうれしいです。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる