Amazonギフト券が無料でもらえる方法まとめ

Amazonで買い物するときに、Amazonギフト券の残高が残っているとお得な気持ちで買い物できると思います。

そんなAmazonギフト券、無料でもらえるとしたらうれしくないでしょうか。私はもちろんうれしいです!

そこまで多いわけではないですが、Amazonギフト券を無料でもらえる方法はありますよ。地道なやり方も多いのですが、運が良ければ無料にできる方法を中心に紹介していきますね。

目次

ポイントサイトでポイント交換する

Amazonギフト券を無料でもらうために手っ取り早い方法は、ポイントサイトを利用してポイント交換することです。

普段のネットショッピングをポイントサイト経由にすると、買い物金額に対して数%分のポイントがつくため、実質的に割引になっているのと同じになります。

サービス申込やクレジットカード作成などもやると、ものすごい勢いでポイントが貯まります!

ポイントサイトのポイントはAmazonギフト券にできるところが多く、しかも1ポイント1円よりもレートが良くなっているところもあるため、おすすめです。

Amazonギフト券にも交換できてかつ代表的なポイントサイトは以下の通りになります。

他のポイントサイトも含めて知りたいときは、以下のページを合わせてチェックしてみましょう。

アンケートサイトでポイント交換する

ポイントサイトに近いですが、アンケートに回答することでポイントが貯まるアンケートサイトでもAmazonギフト券に交換できます。

コツコツとポイントを貯めていくことになるため、地道なことが継続できる人におすすめです。

また、外に出て働くのは難しいけど、ほんのちょっとお小遣いを稼ぎたいという場合にもいいですね。

貯めたポイントをAmazonギフト券にできれば、無料でもらえたのと同じです。

代表的なアンケートサイトは以下の通りです。

  • マクロミル
  • リサーチパネル
  • infoQ

特にマクロミルはアンケート量が多いので、ポイントが貯まりやすいです!
どれか1つだけ登録するならマクロミルがおすすめですよ。

懸賞でAmazonギフト券を当てる

今は、リアルやネットを問わずに懸賞がどこでも数多くあります。

懸賞を申し込んだときの当選商品がAmazonギフト券になっている場合も多いです。

確実に当たる懸賞はなく、結局は抽選になるため、数をこなし続けないといけないですが、当たれば無料でAmazonギフト券がもらえるためありがたいですよ。

主な懸賞サイトは以下の通りです。

東京ガス「もらえる電気」でAmazonギフト券をもらう

日常的にAmazonギフト券がもらえる仕組みを作るなら、電気代の支払いを東京ガスの「もらえる電気」にするやり方もあります。北海道電力・東京電力・中部電力エリアのみが対象ですね。

月々の電気代に応じた割合でAmazonギフト券がもらえます。

  • 5,000円未満:1%
  • 5,000円以上:3%
  • 10,000円以上:5%

電気をよく使う人がおすすめですね。

ただ、同じエリアで最安の電気代というわけではないので、そこにこだわるなら比較検討したほうがいいとは思います。

さいごに

コンビニで買ったAmazonギフト券

簡単にAmazonギフト券を無料でもらう方法はそこまで多くないですが、ちょっと手間をかければ無料でもらえるやり方はあります。

これらの方法を知って実践することで、普段のAmazonの買い物を節約できますよ。

もしAmazonをよく使うなら、自分にあった方法を試してみましょう。

また、以下のページではAmazonギフト券を安く手に入れる方法も紹介していますので、気になったらチェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

ギフトカードが使えるお店を探そう

この記事を書いた人

商品券やギフトカードって、手にしたときのワクワク感があると思います。どうやって使うのがいいのかをギフトヤで提案していきます。過去には安い商品券を求めて金券ショップをハシゴしていたぐらいの節約家です。
株式会社ONWA代表、節約ブログ「ノマド的節約術」を運営。

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次
閉じる