Amazon購入品に入ってたAmazonギフト券の対応まとめ・ガイドライン違反の恐れあり

Amazonで商品を注文すると「レビューしてくれたらAmazonギフト券プレゼント」のようなメッセージカードが、商品と一緒に届くことがあります。

悩む女性

このAmazonギフト券って受け取っていいのかな?

商品のレビューを投稿するだけで、Amazonギフト券がもらえたらうれしいと思う反面、なんだか良くないことのような気もしますよね。

結論から言うと、対価のためにレビューを投稿することはAmazonのガイドライン違反にあたります。

このページでは、レビューと引き換えにAmazonギフト券を受け取ることの違反性とメッセージへの対応法について、Amazonのガイドラインの内容を抜粋しながら解説していきますね。

参考:Amazonギフト券の賢い使い方やお得な使い道

目次

Amazon購入品の箱にメッセージが入っていることがある

Amazonで注文した商品の箱に「レビューしてくれたらAmazonギフト券プレゼント」のメッセージカードが入っているところのイメージ写真
この写真はイメージです

Amazonで商品を購入し、届いた箱を開けると以下のようなメッセージが書かれたカードが入っていることがあります。

ご購入いただいた商品のレビューをAmazonの商品ページに投稿してくれたら、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。レビューのスクリーンショットをLINEで送ってください。

もし、上記のようなメッセージがAmazonの商品の箱に入っていても、レビューを投稿してはいけません。

Amazonのコミュニティガイドライン違反にあたります。

対価と引き換えるためのレビューはガイドライン違反

Amazonギフト券などの対価を受け取るために、商品購入者がレビューを投稿することはAmazonのガイドラインで禁止されています。

当サイトで許可されないレビューの例は、次のとおりです。

・対価(現金、無料または割引商品、商品券、後日購入する商品に対して第三者が提供する割引など)を得るために、お客様がレビューを投稿する

(引用:Amazonカスタマーサービス「販促となる投稿について」)

ガイドラインに違反した場合、Amazonアカウントの利用停止または削除・法的措置がとられることもあるので気をつけましょう。

レビューもせずAmazonギフト券も受け取らないほうが安全

Amazonギフト券バリアブルカード

販売者から対価と引き換えに商品レビューを依頼されても、レビューを投稿しないほうが安全だと思います。

対価と引き換えにレビューを投稿することは、Amazonのガイドライン違反だからです。

それに、レビューを投稿したとして、Amazonギフト券を受け取れる保証もありません。

自分の身を守るためにも、対価目的でレビューを投稿することはやめてくださいね。

Amazonギフト券は購入しましょう

Amazonチャージ ギフト券の金額を設定する

もしAmazonギフト券が欲しいときは、自分で購入しましょう。

以下のリンクから、Amazonギフト券残高のチャージができますよ。

参考:Amazonギフト券のチャージはこちら

さいごに

Amazonで購入した商品の箱に「レビューしてくれたらAmazonギフト券プレゼント」などのメッセージが入っていても、対価目的でレビューを投稿してはいけません。

ガイドラインに違反すると、Amazonが利用できなくなる恐れがありますよ。

Amazonギフト券残高を増やしたくなる気持ちもわかりますが、Amazonギフト券は自分で購入してくださいね。

参考:Amazonギフト券のチャージはこちら

Amazonギフト券バリアブルカード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Amazonギフト券を初回購入2,000円以上で200ポイント

普段、Amazonで買い物しているならお得なキャンペーンを使ってみましょう!

Amazonギフト券をネットから初めて買う場合、2,000円以上だと200円分のAmazonポイントがもらえます。ポイントは1ポイント1円で買い物に使えますよ!

2,000円買えば10%お得になる計算です!

\ お得しかないよ! /

参考:Amazonギフト券キャンペーンを解説した記事はこちら

この記事を書いた人

フリーのライターです。ギフト券の記事は、これまでに100本以上執筆してきました。特に、Amazonギフト券の記事は40本以上執筆しています。あなたがお得にギフト券を使えるよう、実際にお店に足を運び、ギフト券を使ってみた様子を解説します。好きなギフト券はJCBプレモカードです。姉妹サイトの「ノマド的節約術」でも執筆中。

ギフトヤのYouTubeチャンネル登録バナー

関連記事

情報提供お願いします

コメントする

目次